おもいやりを学ぶことができる社員研修

おもいやりを学ぶことができる社員研修

相手に何かを伝えるには「おもいやり」や「愛情」が必要になります。
社員研修でやっておきたいのは、自分勝手なことを伝えるのではなく、おもいやりや愛情をもって相手に伝えることです。
これはクライアントであればなおさら必要なことですが、同じ仲間や同僚にも大事なことです。
いつもやっているからわかるだろうという気持ちでいれば、段々とおもいやりの気持ちに欠けてきてしまい、相手も不快な気持ちになってしまいます。
そうなると、受け手が不快になっていますから態度で表してきますし、それをみた伝えた本人も「なんだあいつ」という風に悪循環が生まれます。
それを防ぐには常に、おもいやりや愛情をもって接するということです。
ついつい忘れてしまう人には、相手の状況を考えることを先にすると、今であれば問題なく伝えることができるというタイミングを見つけることができます。
社員研修では、相手の気持ちを察することを重点的にやっておくと、社内でのコミュニケーションがうまくいきます。

いろいろなジャンルの音楽を楽しめる総合レッスン

東京で免許失効後の再取得したいはこちら

ホームページ制作後もアフターサポート

女性スタッフへの研修にお悩みの方はシェリロゼにお問い合わせください

最新投稿

  • 楽しみながら参加できる社員研修

    社員研修を行う時にどのような研修にすればいいかわからなかったり、いざ行ってみたらたくさんの人を集めた …

    続きを読む...

  • 若手社員を中心とした社員研修を実施した

    会社に入って3年ぐらいが経過した時に、社員研修が行われました。
    新入社員として入社した時もすぐ …

    続きを読む...

  • 社員研修は個人にとってもプラスの側面がある

    社員研修は、企業が社員を教育して業務に役立ってもらえるように行うものです。
    そうすると、企業の …

    続きを読む...