社員研修は個人にとってもプラスの側面がある

社員研修は個人にとってもプラスの側面がある

社員研修は、企業が社員を教育して業務に役立ってもらえるように行うものです。
そうすると、企業の利益のために行っているように感じてしまうのも無理はありません。
しかし、社員研修で利益を受けるのは、研修を受けている社員自身でもあります。
何を目的としている研修かで教えることは異なりますが、いずれも能力を高めるためにやっていることです。
したがって、例えば転職したとしてもそこで得た知識は活かすことができますので、決して無駄になることはありません。
むしろ、そのような自分のためとなる教育を企業の資金で行ってもらえると考えるなら、社員研修に参加するモチベーションも高まるでしょう。
研修では講師との双方向のやり取りをすることができるため、例えば本を読んだりネットで調べたりして得る知識よりも身に付きやすいです。
わからないことも質問する機会がありますので、自分の能力を高めることを意識するなら積極的に質問して疑問を解消していくのがおすすめです。